パートとアルバイトの違い【お仕事Q&A】

派遣社員ってどういう仕組み?意外と知らない契約内容をご紹介

自分に合ったスタイルを見つけ出す!『パートとアルバイトの違い【お仕事Q&A】』は、正社員とアルバイト、パート、派遣社員、それぞれの違いを紹介しているサイトです。就職するなら正社員で。という人も多いと思いますが、ライフスタイルや生き方によっては、アルバイトやパートの方が働きやすい場合もあります。派遣社員には派遣社員のメリットがあります。正社員に固執せず、自分に一番合うスタイルで、生き生きと働きましょう!

特集

カテゴリー

派遣社員の仕組み

まずは派遣会社と契約を結ぼう

派遣で働く場合、雇用契約は派遣会社と結びます。ただし、派遣会社の中で働くのではなく、派遣先といわれる派遣会社から紹介された企業に出向いて仕事をします。正社員で例えると籍は本社にありながら、関連会社で仕事をする出向のような働き方となっています。派遣会社が派遣先を一方的に決めるのではなく、こちらから提示した希望や条件に合った企業を紹介され、その中から仕事を選ぶことができます。派遣スタッフのスキル等が派遣先企業の希望に合致すれば面談をし、両者の意志の最終的な合意のもとで仕事がスタートします。派遣という働き方は派遣スタッフ、派遣会社、派遣先それぞれが関係を持ちます。派遣会社から仕事を紹介してもらうには、まず派遣会社に登録する必要があります。派遣会社によって登録方法が異るので、ホームページで確認したり問合わせるとよいでしょう。ただし、いずれの派遣会社も登録しただけでは雇用契約にはなりませんので注意が必要です。仕事がスタートして初めて雇用関係が結ばれ、仕事が終了すれば雇用関係もなくなり、給与支払等も行われなくなります。

晴れてお仕事開始!

派遣先が決定すると、派遣先企業での業務を開始します。業務指示は派遣先から受けて遂行し、対価としての給与は派遣会社から支払われます。また、派遣先でのトラブル等は派遣会社に相談します。通勤手当や時間外手当などの支給ルールは派遣会社の定めたルールに従い支払われます(通勤手当は支給されない場合が多いので注意が必要です)。
社会保険などの福利厚生は、雇用契約が結ばれている限り派遣会社から受けることができます。ただし、健康保険の任意継続など雇用契約がない間も可能です。

契約期間があることに注意!

派遣の仕事には契約期間があります。期間は仕事内容により異なり、1日や1週間など短期のものから半年以上の長期など様々です。短期の場合、社会保険の対象とはならないと規定している派遣会社がほとんどです。また、長期派遣の場合は、3ヶ月ごとなど短めの契約を更新し続け長期とする場合が多く、長期の仕事とはいえ、会社の事情により突然契約が更新されない場合もありますので注意が必要です。

まとめ

正社員とも、パート・アルバイトとも違う派遣のお仕事。その特徴を理解した上で派遣のお仕事を活用して下さいね。次のページでは、派遣とパート・アルバイトの違いを明らかにしていきます。

就職活動のためにおさえておきたい!

パート、アルバイトでも有給休暇は取れる!正社員は有給休暇があっていいなぁ・・・と思っているあなた。アルバイトやパートでも有給休暇がとれるって知っていますか?アルバイトやパートでも、ある一定の期間を継続して勤務すれば、有給休暇をとる権利をゲットできます!
これは、会社が決めることではなく、労働基準法という法律で決められていること。休んだ日もお給料をもらえる有給休暇。日々がんばって働いた疲れをリフレッシュするために有効に使いましょう。

派遣社員のメリット!いろいろな職場を経験できる派遣会社から紹介される派遣先で一定期間働く派遣社員という働き方。派遣契約の期間は数週間の短いものから、数か月単位の長期のものまで色々とあります。派遣社員ならではのおもしろさと言えば、色々な職場を経験できること!通常、正社員で働く場合にはそれほど多くの会社で働く機会はもてません。大きな会社や小さな会社、色々な業種の職場を経験することは、気分転換になると同時に、自分自身の視野をぐんと広げることができますよ。