パートとアルバイトの違い【お仕事Q&A】

働くならパート、アルバイト、正社員?そもそも「正社員」とは。

自分に合ったスタイルを見つけ出す!『パートとアルバイトの違い【お仕事Q&A】』は、正社員とアルバイト、パート、派遣社員、それぞれの違いを紹介しているサイトです。就職するなら正社員で。という人も多いと思いますが、ライフスタイルや生き方によっては、アルバイトやパートの方が働きやすい場合もあります。派遣社員には派遣社員のメリットがあります。正社員に固執せず、自分に一番合うスタイルで、生き生きと働きましょう!

特集

カテゴリー

正社員とは?

雇用期間

パート・アルバイトは契約期間が事前に定められた契約が多い一方、正社員は期間を定めない雇用で、終身雇用と呼ばれます。但し、リストラや本人に資質のない場合など、法律に定められた期間前に予告して退職を要求されることもありますが、パート・アルバイトと比較して安定した働き方であることは間違いなさそうです。

賃金体系

パート・アルバイトは時給制がほとんどですが、正社員は多くの場合が月給制です。年齢とともに賃金があがる形態(いわゆる年功序列)が多いですが、近年では年功序列をとらない(成果型報酬)企業も増えています。また、各種手当やボーナス、退職金などを支給する会社が多く、この面でもパート・アルバイトより正社員の方が有利でしょう。

転勤や出向

パート・アルバイトには勤務地や勤務会社の変更はありませんが、正社員の場合会社の指示により、勤務地の変更(転勤)や勤務先会社の変更(出向)が発生する場合があります。全国に事務所を有している会社は全国どこにでも転勤の命令がでる可能性があり、人生設計に大きく影響する場合があるでしょう。最近、会社によっては「地域型正社員」などと呼ばれる、「転勤しない正社員」を雇用する例もあります。

昇進・昇格

パート・アルバイトは長期間に渡り同一の仕事を行う場合が多いですが、正社員の場合は年齢や勤務経験に応じて求められる役割や成果は異なります。一定の役割が果たせるようになった段階で部下を持たされることもあるでしょう。このような役割の変化に伴い、「昇進・昇格」をします。ある一定の年齢になれば一定の役職に就ける場合が多い。また、総合職、一般職などの区分がある場合は総合職が最も昇進・昇格のスピードが速いようです。

その他

一般的に日本では、正社員としての職歴以外は、労働市場において意味があるキャリアとして評価されないことが多い為、転職を行う際にはパート・アルバイトの経験よりは正社員でどのような会社で仕事をしていたかが重要となります。転職を希望する会社によっては正社員でなかった期間のキャリアは評価されないどころか、マイナスに評価される場合もあります。

まとめ

パート・アルバイトなど他の働き方に比べると安定していて高収入が見込める正社員のお仕事。それだけでなく多くの責任や会社からの命令に従う義務の発生します。正社員の仕事を選択する場合はそのメリット・デメリットをしっかり見極めた上で決断する必要がありそうですね。

就職活動のためにおさえておきたい!

パート、アルバイトでも有給休暇は取れる!正社員は有給休暇があっていいなぁ・・・と思っているあなた。アルバイトやパートでも有給休暇がとれるって知っていますか?アルバイトやパートでも、ある一定の期間を継続して勤務すれば、有給休暇をとる権利をゲットできます!
これは、会社が決めることではなく、労働基準法という法律で決められていること。休んだ日もお給料をもらえる有給休暇。日々がんばって働いた疲れをリフレッシュするために有効に使いましょう。

派遣社員のメリット!いろいろな職場を経験できる派遣会社から紹介される派遣先で一定期間働く派遣社員という働き方。派遣契約の期間は数週間の短いものから、数か月単位の長期のものまで色々とあります。派遣社員ならではのおもしろさと言えば、色々な職場を経験できること!通常、正社員で働く場合にはそれほど多くの会社で働く機会はもてません。大きな会社や小さな会社、色々な業種の職場を経験することは、気分転換になると同時に、自分自身の視野をぐんと広げることができますよ。