パートとアルバイトの違い【お仕事Q&A】

正社員とパート、アルバイトではこれだけ違う!仕事内容、収入、待遇について

自分に合ったスタイルを見つけ出す!『パートとアルバイトの違い【お仕事Q&A】』は、正社員とアルバイト、パート、派遣社員、それぞれの違いを紹介しているサイトです。就職するなら正社員で。という人も多いと思いますが、ライフスタイルや生き方によっては、アルバイトやパートの方が働きやすい場合もあります。派遣社員には派遣社員のメリットがあります。正社員に固執せず、自分に一番合うスタイルで、生き生きと働きましょう!

特集

カテゴリー

正社員とパート、アルバイトの仕事内容、収入、待遇の違い

仕事内容や条件面での違いは?

-単純作業ではなく、経験に応じて幅広い仕事が任せられる
-勤務時間・休日は固定されている
-残業がある
-転勤・出向がある
-副業(他の企業でのアルバイト等)が禁止される
-研修等の機会に恵まれている
パート・アルバイトは比較的単純作業を任されることが多いですが、正社員になると任される仕事内容の幅が広がり、経験に応じて部下への指示出し・指導も求められます。また、雇用契約の内容によっては転勤や出向があったり、勤務時間は固定されたり、アルバイト・パートに比べると自由な形での働き方はしずらくなります。仕事の内容が幅広くなり、やりがいが得られやすくなる一方で責任も強く求められたり、会社都合による転勤があったり、副業が禁止されたり、正社員ならではの制約も少なからず増えてしまいます。

給与や手当の違いは?

-月給制で収入が安定している
-交通費・住宅手当支給
-ボーナス・退職金あり
-昇進・昇給あり
時給制のパート・アルバイトに比較して、正社員は月給制となり収入が安定するのが最大の違いです。また、会社によっては各種手当(交通費・住宅手当など)やボーナス、退職金の支給があるのも長期的には収入面では大きな差となってあらわれます。

待遇面での違いは?

-雇用期間が限定されない(定年まで雇用される)
-社会保険(厚生年金・健康保険)完備
-育児休業あり
パート・アルバイトは雇用期間が限定されることが多いですが、正社員になると雇用期間は限定されず、定年まで働く事ができます。最近では定年後に再雇用する制度を持つ会社も増えてきました。また、社会保険や育児休業など福利厚生面で手厚いサポートを受ける事ができるのも正社員の大きなメリットです。

その他

-採用時の難易度が高い
-住宅ローン等が組みやすい
パート・アルバイトは短期間で比較的単純作業が多く、採用のハードルはそれ程高くはありませんが、正社員となれば別。会社によっては数十倍の難関の場合もあります。受験対策をしっかり練る必要がありますね。また、住宅ローンや自動車ローンの借り入れなどの審査には正社員であることが有利に働きます。

まとめ

希望をすべて満たす働き方があればいいのですが、それはなかなか難しいものですね。これだけは!という譲れないポイントを整理した上で、取捨選択する必要がありそうですね。何を重視するか?を明らかにして、どのような働き方をするかを選択しましょう。

就職活動のためにおさえておきたい!

パート、アルバイトでも有給休暇は取れる!正社員は有給休暇があっていいなぁ・・・と思っているあなた。アルバイトやパートでも有給休暇がとれるって知っていますか?アルバイトやパートでも、ある一定の期間を継続して勤務すれば、有給休暇をとる権利をゲットできます!
これは、会社が決めることではなく、労働基準法という法律で決められていること。休んだ日もお給料をもらえる有給休暇。日々がんばって働いた疲れをリフレッシュするために有効に使いましょう。

派遣社員のメリット!いろいろな職場を経験できる派遣会社から紹介される派遣先で一定期間働く派遣社員という働き方。派遣契約の期間は数週間の短いものから、数か月単位の長期のものまで色々とあります。派遣社員ならではのおもしろさと言えば、色々な職場を経験できること!通常、正社員で働く場合にはそれほど多くの会社で働く機会はもてません。大きな会社や小さな会社、色々な業種の職場を経験することは、気分転換になると同時に、自分自身の視野をぐんと広げることができますよ。