パートとアルバイトの違い【お仕事Q&A】

最近よく聞くパート、アルバイトからの「正社員登用制度」。実際のところは?

自分に合ったスタイルを見つけ出す!『パートとアルバイトの違い【お仕事Q&A】』は、正社員とアルバイト、パート、派遣社員、それぞれの違いを紹介しているサイトです。就職するなら正社員で。という人も多いと思いますが、ライフスタイルや生き方によっては、アルバイトやパートの方が働きやすい場合もあります。派遣社員には派遣社員のメリットがあります。正社員に固執せず、自分に一番合うスタイルで、生き生きと働きましょう!

特集

カテゴリー

パート、アルバイトからの正社員登用制度って?

社員登用制度ってどんな制度?

パート・アルバイト、正社員共に募集している会社が行う採用制度の一つで、1.まず、パート・アルバイトとして採用し、一定期間働いてもらう。2.改めて登用試験を行い、合格した者を正社員として雇用する制度です。パート・アルバイトとして働く期間を設ける事で、会社や仕事について理解を深めた上で正社員になる事のできるのが大きなメリットです。会社側としても一定期間パート・アルバイトとして働いているのでその間に働きぶりや人となりを判断することができます。

どんな会社が登用制度を利用しているの?

業種、業界様々な会社が正社員登用制度を利用しています。中でも、社員のうちパート・アルバイトの占める割合が多い会社が登用制度を利用する例が多いようです。例えば、ホテル配膳、飲食店、警備員、軽作業スタッフ、IT関連企業、アパレル関係などの会社での正社員登用制度の利用が目立ちます。

登用制度で正社員採用されるにはどうしたら良い?

まず第一に、パート・アルバイトとして人一倍一生懸命仕事をして、成果を挙げることです。パート・アルバイト時代に成果を挙げられていないと、登用試験自体を受験させてもらえない可能性もあります。また、パート・アルバイト時代に正社員の仕事内容を把握し、チャンスがあればその仕事にチャレンジさせてもらうのも良いでしょう。登用後の仕事のイメージをいち早くつかめるだけでなく、会社に対しても「正社員として採用しても仕事ができますよ」というアピールができます。もし可能であれば登用試験の内容を事前に会社に問合せた上で受験対策をすると良いでしょう。

うちの職場…登用制度ないんだけど?

社員登用制度がない会社の場合、正社員は新卒に限るなど、パート・アルバイトからの採用を行わない方針の会社が多く、社員に登用されるのは難しいと考えた方が良いでしょう。それでもその会社で社員になりたい場合は、積極的に仕事をし成果を挙げていることを会社側へアピールし、人事部門に正社員の登用を働きかけるのも手かもしれません。但し、もともと登用する意思がない会社なのでそのハードルは相当高いと覚悟しましょう。ダメだと思ったら、正社員登用制度のある会社に転職するなど柔軟な対応も必要です。

まとめ

正社員への登用制度は社員の柔軟な働き方を認めると共に多様なバックグラウンドを持った人物を採用できる為多くの会社が取り入れ始めています。これを機に考えませんか?正社員登用への道を!

就職活動のためにおさえておきたい!

パート、アルバイトでも有給休暇は取れる!正社員は有給休暇があっていいなぁ・・・と思っているあなた。アルバイトやパートでも有給休暇がとれるって知っていますか?アルバイトやパートでも、ある一定の期間を継続して勤務すれば、有給休暇をとる権利をゲットできます!
これは、会社が決めることではなく、労働基準法という法律で決められていること。休んだ日もお給料をもらえる有給休暇。日々がんばって働いた疲れをリフレッシュするために有効に使いましょう。

派遣社員のメリット!いろいろな職場を経験できる派遣会社から紹介される派遣先で一定期間働く派遣社員という働き方。派遣契約の期間は数週間の短いものから、数か月単位の長期のものまで色々とあります。派遣社員ならではのおもしろさと言えば、色々な職場を経験できること!通常、正社員で働く場合にはそれほど多くの会社で働く機会はもてません。大きな会社や小さな会社、色々な業種の職場を経験することは、気分転換になると同時に、自分自身の視野をぐんと広げることができますよ。