パートとアルバイトの違い【お仕事Q&A】

パートとアルバイトの違いって何?

自分に合ったスタイルを見つけ出す!『パートとアルバイトの違い【お仕事Q&A】』は、正社員とアルバイト、パート、派遣社員、それぞれの違いを紹介しているサイトです。就職するなら正社員で。という人も多いと思いますが、ライフスタイルや生き方によっては、アルバイトやパートの方が働きやすい場合もあります。派遣社員には派遣社員のメリットがあります。正社員に固執せず、自分に一番合うスタイルで、生き生きと働きましょう!

特集

カテゴリー

パートとアルバイトは何が違うのか

パートとアルバイトの定義とは?分かりやすい違いとは?

一般的なパートの定義は、契約期間に制限が設定されており、会社で定められた一般社員の労働時間よりも短時間での勤務を行う労働者の事を言い、主婦などが主な対象となります。これに対し、アルバイトの定義とは、契約期間に制限が設定されており、会社で定められた一般社員の労働時間より短時間の勤務を行う労働者で、学生など本業が別にある者を主な対象とします。
つまり雇用の形態ではなく対象の労働者によって名称が異なってくる事が分かります。

パートとアルバイトは、主婦と学生の違いですか?

上記の通り、パートとアルバイトの定義には実際のところ明確な違いはありません。求人情報誌などのアルバイトとパートの違いの定義は高校生や短大生、大学生などの学生や社会人で正社員ではなく時給で働く者をアルバイトと呼び、学生でも正社員でもない女性をパートと分類している場合もあります。アルバイトは男女とも呼ぶのに対しパートは女性のみと明確に定義されています。各企業が区別しやすいようにオリジナルの定義で使い分けている側面もあり、両者の違いは実際のところ曖昧です。企業毎に異なる場合もある為一概には言えませんが、「アルバイト:契約期間に定めのある時給者」、「パート:契約期間に定めがある時給者、または月給者」という区別が一般的になっています。

名称の違いだけで法律上の違いはないのですか?

「パート」「アルバイト」の名称は短時間労働を行う労働者の呼び名の種類であり、法律上の違いではないのです。
労働時間や賃金などの労働条件に関して定めている法律(労働基準法)では、ここでいう「パート」、「アルバイト」や、「正社員」、「契約社員」の区別はなく、全て「労働者」と呼びます。
一方で、同じ労働基準法では「1週間の所定労働時間が通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」の事を「パートタイム労働者」と呼びます。ここでいう「通常の労働者」とは多くの場合、正社員の事を指します。
要するに法律上は、『労働する際の権利や会社が雇用する場合の義務は正社員であってもパート・アルバイトであっても法律的には等しく取り扱われる』、『正社員よりも短い時間勤務する労働者をパートタイム労働者と呼ぶ』訳です。
また、正社員、パート、アルバイトを比較した際に有給休暇・雇用保険・社会保険・残業代などに、法律上の違いが現れてきます、トラブルを回避するために事前に比較しチェックしておくと良いでしょう。

就職活動のためにおさえておきたい!

パート、アルバイトでも有給休暇は取れる!正社員は有給休暇があっていいなぁ・・・と思っているあなた。アルバイトやパートでも有給休暇がとれるって知っていますか?アルバイトやパートでも、ある一定の期間を継続して勤務すれば、有給休暇をとる権利をゲットできます!
これは、会社が決めることではなく、労働基準法という法律で決められていること。休んだ日もお給料をもらえる有給休暇。日々がんばって働いた疲れをリフレッシュするために有効に使いましょう。

派遣社員のメリット!いろいろな職場を経験できる派遣会社から紹介される派遣先で一定期間働く派遣社員という働き方。派遣契約の期間は数週間の短いものから、数か月単位の長期のものまで色々とあります。派遣社員ならではのおもしろさと言えば、色々な職場を経験できること!通常、正社員で働く場合にはそれほど多くの会社で働く機会はもてません。大きな会社や小さな会社、色々な業種の職場を経験することは、気分転換になると同時に、自分自身の視野をぐんと広げることができますよ。